月別アーカイブ: 2004年5月

南海文明グランドクルーズ

南海文明グランドクルーズ―南太平洋は古代史の謎を秘める
 本書は、「楽園考古学」の続編にあたり、前作同様に篠遠先生と荒俣宏さんの対談およびお二人の講演集である。この講演や対談は南アメリカからタヒチへ渡る客船「飛鳥」のなかで行われている。船の航路と合わせるように、本書に掲載されている講演はヘイエルダールの唱えたポリネシア南米起源説やポリネシアと南米の関係について多くを割いている。 続きを読む


カテゴリー: 海外・旅, 考古学・歴史, 本や資料の記録 | コメントする

西表島の巨大なマメと不思議な歌

西表島の巨大なマメと不思議な歌
 沖縄に移住した”ゲッチョ先生”こと盛口さんの本。盛口さんは漂着物学会のメンバー。本著が世に産まれたとき、漂着物学会のメーリングリストでも本著のことが話題になった。 続きを読む


カテゴリー: 自然・生物, 本や資料の記録 | コメントする

ハワイ王朝最後の女王

ハワイ王朝最後の女王
 歴史や人物像は多面的に知ることで一層興味が感じるものだ。以前読んだカウイラニ王女にフォーカスした本では、リリウオカラニ女王について策略家のように書かれ、よい印象ではなかった。しかし本書を読んでリリウオカラニ女王は誇り高く、我慢を強いられた女王であると感じた。 続きを読む


カテゴリー: 考古学・歴史, 人物・人間, 本や資料の記録 | コメントする