月別アーカイブ: 2005年5月

アイヌ、いまに生きる

アイヌ、いまに生きる
 1986年だったと思う。当時の中曽根首相は「日本は単一民族国家」発言をした。
 当時25、6歳でサラリーマンだった私は、「お金を稼いで裕福になりたい」とか「周りの人に良く見られたい」などと考えていた。この発言を「アメリカは多民族国家だからまとまりがなく、国内問題を解決できない駄目な国なのだ」というメッセージと受け止めた。アメリカ覇権主義の嫌いだった私には「我が意を得たり」と思えるメッセージであった。 続きを読む


カテゴリー: 日本・日本人, 本や資料の記録 | コメントする